オンカジバカラの基本から攻略まで

ミスアナ

オンカジバカラについて言えば、基本的と攻略的なルールがたくさんあります。勝ちたいなら、これは特に重要ですので、本稿ではオンカジバカラの基本から攻略までについて調べてみます。

オンカジバカラの基本的なルール

バカラはトランプを使ったカードゲームです。バカラには、各カジノに固有のローカルルールがあります。しかし、基本的には、バカラが仮想対戦相手の「プレイヤー」と「バンカー」のどちらが勝つかを決定します。

オンカジバカラのルール

バカラでは、ディーラーは「プレイヤー」と「バンカー」のそれぞれに2枚のカードを配ります。

「プレイヤー」と「バンカー」の中で勝者は、合計の最後の桁が「9」に近い方です。

10からKまでのすべてのカードは「0」と見なされます。

このとき、Aから9までのすべてのカードは番号に従って処理されます。

これは予測ゲームなので、初心者でもプレイできます。

オンカジバカラの流れ

①チップを「プレーヤー」、「バンカー」、「引き分け」のいずれかに置きます。

②「プレイヤー」と「バンカー」のそれぞれに2枚のカードが配られます。

➂どちらも、カードの合計値に応じて3枚目のカードを手札に追加します。

④勝敗が決定します。

「プレイヤー」に3枚目が配られるパターン

3枚目のカードは、ハンドの合計値の最後の桁が「5以下」かつ「バンカー」で、最後の桁が「8」および「9」と異なる場合に「プレーヤー」に配られます。

「バンカー」に3枚目が配られるパターン

バンカーに配られる3枚目のカードには6つのテンプレートがあります。

 ・ 手札の合計の下1桁が「2以下」の場合

 ・ 手札の下1桁が「3-6」で、「プレイヤー」が3枚目のカードを取らなかった場合

 ・ ハンドの合計値の下1桁が「3」の場合、「プレーヤー」は3枚目のカードを引き

 ・ ハンドの合計値の下1桁が「4」で、「プレーヤー」が3枚目のカードを引いた場合

 ・ ハンドの合計値の下1桁が「5」の場合、「プレーヤー」は3枚目のカードを引き

 ・ ハンドの合計値の下1桁が「6」の場合、「プレーヤー」は3枚目のカードを引き

「バンカー」に3枚目が配られないパターン

「バンカー」配布の総コストの下1桁が「7以上」の場合、3枚目のカードはプレイヤーの手札に配られません。

また、「プレイヤー」のハンドの合計値の下1桁が「8」または「9」の場合、上記の条件を満たしても、3枚目のカードは配られません。

手札の合計の下1桁が「8」または「9」の場合、最初の2枚のカードが配られます。